遊戯王とMTGのミラディン土地
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








「そして自然の摂理を垣間見た」


カードゲームも何にも全然関係ないです。
気になる人はいるのだろうか。一応続きからどうぞ。


今日の19時位に2階の自分の部屋の窓に何かがぶつかった音がしたので何かとPC画面を見ていた私は振り返った。
果たして窓には鳩がぶつかっていた。文字通り窓を割るかの如くの勢いである。
そして窓の縁に止まる所までを私は見送ると窓に近づいた。
私は興味本位でその窓に止まってる鳩を思わず携帯で撮った。
HI3F0396_R.jpg
文だけにしようかと思ったが私はブロガーだった。
写真を撮った後その鳩は逃げて行った。

5分後
また鳩がそとでバサバサと翼を鳴らしている。
なんだ、またかと思ったが先ほどとは違うものがあった。
猫の鳴き声が聞こえる。しかも自分の家の猫の声だ。
私は慌てて外へ出て声の発信源へと向かった。
猫を目で確認すると、鳴いているだけだったので玄関まで連れて帰ろうと持ちあげた。
しかし猫は私の背中にあろうことか爪を立てた。
勝手にしろと私は今日の分の新聞を取り家の中へ戻ろうとした。
そして新聞を撮り終えた直後また鳩の翼の音がしたのだ。
私は現場へ向かった。
現場は騒然たるものだった。いや、実際五月蠅くはなかった。騒然だが静かなのだ。
そして猫を目で確認すると私は近寄った。
次の瞬間再び騒然とする。嗚呼、騒然なのは私の心臓の音か。
自分の家の猫が先ほど窓にぶつかってきた鳩の喉元に歯を起てている。
私は30秒ほど何も考えずにその場面を見つめていた。
30秒ほどすると猫は私に気付いたのか喉元から口を離した。
私は思わず手に持っていた新聞で猫の視界から鳩を消すように鳩を新聞で覆った。殆ど無意識だった。
猫はキョロキョロして鳩を見つけられないようだ。
私はここで考えた。鳩をどうしようかと。
暗くてよく見えないがまだ息はあるようだ。
意を決め鳩を地面から持ちあげ新聞の上に置いてみる。まだ息はあった。
ここでは暗くて見えないので玄関に連れて行くことにした。猫は幸い気づいてないようだ。
玄関に着いて明るい場所で見てみると鳩の身体は傷だらけだった。
さらに悪いのは完全に首元を噛まれている。動脈も恐らく捉えていた。もう長くはない。
私の頭の中でいくつかの考えが浮かんでは消え浮かんでは消えた。
そうこうしている内にも鳩はみるみるうちに弱っていく。
どうしたものかと考えた瞬間、鳩の首が項垂れた。絶命した。
私は溜め息をつくとそっと鳩の目蓋を下した。私は無力だった。
ここで私は自分の行動は正しかったのかと思った。
自分の家の猫。言うなれば家族が鳩を捕えたのだ。
猫からすれば感謝の一言でもあってもいいほどの功績である。獲物を捕えたのだから。
確かに猫の飼い主、主人としては嬉しいことなのだろう。
しかし私はあまり嬉しくはない。寧ろ悲しいくらいだ。
先ほど見たあの鳩が今、目の前では息をしていないのだ。数分前には窓にぶつかってくるほどの鳩だったのに。
ここで私はこれこそは自然の摂理なのかと思った。
猫が鳩や雀などを捕獲するのをよく見るが今回は別だ。
こんなに近くで捕獲場面に出くわしさらにはその獲物の死に立ち会ったのも初めてである。
しかし自然の摂理に従うならば私の行動は間違いだ。
自然の摂理の中では捕まった物は食べられる。まさに弱肉強食である。
その弱肉強食の世界に私は+αの行動をとってしまったのだ。許されるのだろうか。
しかし人道の面から判断すればこの行動は正しい行動ともとれる。
死に絶えそうな生き物に手を差し伸べて何が悪いだろうか。悪くないだろう。
だから私は自然の摂理に逆らい人として行動したのだ。
結果的に残ったのは死に立ち会った虚無感と猫に引っ掻かれた爪の傷。そして人生での初めての経験だ。
しかしこう書いているとやはり間違いだったのではないかと思う自分もいる。
この考えは恐らく自分の中で無限に繰り返される問いであろう。
だがしかしそれでいいのだ。私は人だから。
人は動物の中で恐らく一番よく考えて行動できる種だ。
だからこそその時に見合った行動をとればいい。そう私は思う。
と、隣で気持ち良さそうに寝ている猫を見ながら私は思った。
因みに鳩の遺体は埋めると鳩の家族が発見できないだろうと思い猫が近寄らないが鳩が行ける場所に置いておいた。


駄文乙。
ここまで読んでくれた方ありがとうございました。
人生って難しいですね。
関連記事







2011⁄03⁄10 21:43 カテゴリー:日常 comment(6) trackback(0)
▲pagetop












コメント



自然の摂理の中に人間は組み込まれていないんでしょうかね

たまには、こんな日記?もありかと思います
2011/03/10 22:16URL | エビルナイト[ 編集]

相互リンク依頼
いつも楽しく見させていただいています。
最近発売したファイナルファンタジー TCGについてのブログをやっています。
よかったら相互リンクお願いします。
サイト名:ファイナルファンタジー TCG 最新情報まとめ
スパム判定してしまったので短縮URLを書いておきます。
http://p.tl/3D3o
2011/03/10 23:41URL | kurodora[ 編集]


人の立場 猫の立場 立場によって物事の見方、捉え方はだいぶ変わってきますね
人どうしでも立場による違いはたくさんあるのに種を超えてその事を考えていくと…
誰もが納得のいくような答えは出せませんね

僕らも命を食べてる事を再認識させられましたし、生き物の命について考える機会にもなりました。ありがとうございます。
2011/03/11 02:55URL | ルミ高専生[ 編集]


似たような事があったから、共感出来る・・・あーゆー場合、どうするのが正解なんでしょうね
未熟な自分にはまだ分かりません・・・。
2011/03/11 03:13URL | ふたry[ 編集]


すごい体験ですね。やっぱそういうのは人によってかわりますよね。でも、自分家の猫っていうんだから手出したくもなりますよね。
2011/03/11 07:50URL | アーマード[ 編集]


エビルナイトs>組み込まれているとは思いますがやはり食物連鎖のピラミッドの頂点にいるので一番近くて遠い存在なのかと思います。
一応日記っちゃ日記ですねw

kurodoras>リンクの利用規約をお読みください。

ルミ高専生s>本当に立場を変えると視点も変わります。
納得いくような答えはそう簡単には出ませんよね。
こんな記事で命の大切さを考え直せたなら幸いです。

ふたrys>たぶんどっちも正解なんだと思います。自分が思ったことをしてればいいんですよ。そういうときは。

アーマードs>確かに自分の家の猫だったからってのは大きいかもしれませんね。

2011/03/15 12:04URL | レナキョン[ 編集]



コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |

Twitter


カレンダー(月別)


プロフィール

れぎおん

Author:れぎおん
茨城で遊戯王とMTGやってます。
何かありましたら以下のE-メールかコメントでお願いします。
renekomaikerukyona-310-yahoo.co.jp
-310-の所を@に変えてください。


最近の記事とコメント


今まで来てくれた人々


今見てくれている人々

現在の閲覧者数:

月別アーカイブ


カテゴリ


最近のトラックバック


RSSフィード


メールファーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク


▲pagetop



Copyright © 2017 遊戯王とアニメの猫戦記. All Rights Reserved.
template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。