遊戯王とMTGのミラディン土地
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








暗黒界 考察


今更感しかないけど暗黒界考察してきます。
少しドラグみたいで動きとグラファ、シルバのイラスト好きなんでメインで使うかもです。
まずはモンスターから。
SD新規から行きましょう。

《暗黒界の龍神 グラファ》
このデッキの主役でありメインアタッカー。
何度でも沸く2700(3000)打点は脅威。
門との兼ね合いもあってとても少ないコストで場に出せるのはとても心強いです。
Q:それぞれの効果分類は何ですか?
A:自身を特殊召喚する効果はコストとして暗黒界を手札に戻しますが、特に効果分類は無く、チェーンに乗りません(召喚ルール効果)。(11/06/18)
  もうひとつは誘発効果です。(11/06/20)
蘇生の方はルール効果の様です。
しかもハンドから捨てるとサンブレも飛んでいくという優れ物。
相手に捨てられたら相手のモンスターをランダム性は含みますが奪うこともできます。
このカードの真に強い所はやっぱりウィルス撃てる点。
闇デッキ魔デッキどちらにも対応してます。
このカードは奈落に弱いのでそれを回避させる点でも噛み合ってて相性がいいです。
もう1つこのカードの強みは暗黒界モンスターを手札に戻せる点。
門は手札に悪魔族がいないと撃てないのでその点で場からコストを持ってくるという点で使えるのも強みです。
キラトマ→ブラウ→グラファ→門効果でブラウ切って2枚ドローという強い動きも出来ます。
このカードを使いこなして初めて暗黒界は勝てるでしょう。

《暗黒界の術師 スノウ》
暗黒界のサーチャー。
基本カードサーチできるカード持ってるデッキって弱いデッキあまりないんでこういうカード有るか無いかで大分違います。
効果の方も暗黒界と名のつく『カード』をサーチするものなので汎用性も高いです。
エンジンである門やその時に合ったコストにするカード場に出すカードなどを持って来れるのが強みですね。
相手に捨てられた場合の効果も強力でさらには打点が1700で門があれば魔デッキ範囲になれるのも心強いです。
打点効果総じて強力なカードです。

《暗黒界の導師 セルリ》
上記の2枚の様に書いてあることだけで動いては上手く使えないトリッキーなカードですね。
ただ使うとディスアドしかないので上手く使って行かないとただのアド損です。
しかし決まれば暗黒界の相手に捨てられたときに発動する強力な効果が撃てるのでその点では強いですね。

《暗黒界の門》
門と名のつくカードは大抵エンジンカードです。
六武の門とは違ったカードで毎ターン手札入れ替えができます。
しかしあまりコストは馬鹿にならなく発動条件も『墓地と手札に悪魔族がいる場合』に発動できるもので少し使いにくい面もあります。
そう見ると先行で発動できる龍の渓谷などとは違う感じですね。
しかし門のカードを捨てるのは効果なので暗黒界のモンスターの効果
でアドを稼げるので暗黒界を捨てていけばアドが取れます。
それと効果なので龍の渓谷などとは違くサイクロンで多大なアドを取られない点でも注目できます。
悪魔族の打点を300パンプする効果もたった300と思うかもしれませんがこれがとても大きいパンプなんですよね。
デスカリがサイドラに勝てるようになったりクリッターがゲイルやヤイチと相撃ちになったりグラファが3000打点になったりと書けば書くほど強いパンプです。
しかしハンドに被ると処理が難しいのそこら辺うまく使って行きたいですね。

《暗黒の謀略》
撃てればとても強いカードなんですけどどうしても無効にされるのが見えてて罠言う点で遅いのが難点。
イラストはカッコいいんですけどね。

以下パック封入類。

《暗黒界の斥候 スカー》
戦闘破壊時暗黒界のレベル4以下なら何でもサーチできるサーチャー。守りのカードでもあります。
このカードの強みはキラトマから持って来て繋がる点と暗黒界は打点が高めなのが多いのでクリッターではサーチできない暗黒界を持って来れる点が強みですね。
基本的にスノウやブロンなどを持ってくるのが仕事になりそうです。

《暗黒界の刺客 カーキ》《暗黒界の策士 グリン》
前者はモンスターを割れて後者は魔法罠を割れるものになってます。
けれどどうしてもグラファのカード破壊の方が強いので入れるのを迷うカードになってしまいます。
グリンとかは雷で切ってバック消せたりで採用の検討もありかも知れません。

《暗黒界の狩人 ブラウ》
このカードの強みは1400打点ということ。
クリッターキラトマに対応し捨てるとドローも出来る言う点。
門との兼ね合いでの2ドローがとても強いです。
けれども如何せん手札で被ってもスペック的に微妙なのでピン刺し位が安定なんでしょうね。

《暗黒界の尖兵 ベージ》
切れば出るよってカード。
一応星4で切って出せるのはこいつだけなのでグラファのハンドを戻すコストに出来る良いモンスター。
星4なので通常召喚もできる点でも優秀。
ちょっと言うと1600という微妙な打点が惜しい。1700あれば文句なかった。

《暗黒界の狂王 ブロン》
1800打点を備えてて戦闘ダメージを与えると効果によって手札から暗黒界を切れます。
もちろん効果によるものなのでそのまま捨てた暗黒界の効果も使用可能。
バトルフェイズ中にシルバやゴルドを出して打点を補ったりグラファを捨てて相手のカードを割ったりと使う場面は多いと思います。
2枚積み辺りが妥当でしょうかね。

《暗黒界の軍神 シルバ》《暗黒界の武神 ゴルド》
前者は相手に捨てられるとハンドを2枚ボトムに送り後者は相手の場を2枚割ります。
このカードたちはレイヴンとの噛み合いが強いです。
どちらもレベル5なのでレイヴンから捨てて場に出してシンクロでレベル8が作れる点がいいですね。
そしてシルバはイラストが超かっこいい。米レリ買うまである。余裕で。

《暗黒界の魔神 レイン》
自分で切っても出ないのが惜しい。
相手に捨てられればサンボルか羽箒を選べる豪華仕様。
レリーフかっこいいね。

《暗黒界の雷》
裏をなんでも割れるシンプルないい除去カード。
今の環境は伏せモンやガン伏せが多いのでこのカードとグラファの2枚割りがかなり強い感じです。
Xセイバーガスタジャンドなどの伏せを多用するデッキにはゲーム上手く運ぶ起点になって良さそうです。
しかし魔法罠を狙ってチェーンされると不発になりアド損になるのでそこは注意が必要です。

《暗黒界に続く結界通路》
相手のターンに使えばノーコスト死者蘇生。
グラファを蘇生するの悪くない気がするけどやっぱり相手のエンドフェイズにグラファ以外暗黒界蘇生して次のターンでグラファで回収するのが主な使い方になりそう。ピンとかで入れると面白い気がしなくもない。

《暗黒界の取引》
単純に使うと相手にアドをとられるのでただ撃つカードではない。
手札と相談して撃つカード。山札掘れてハンド切れるカードはこのカードくらいしかないので使い方をよく考えて使うカード。

《暗黒よりの軍勢》
単純にフリーチェーンでハンドが増えるってもの。
クロウされても1枚は加えられるので使い勝手は悪くない。
しかし門コストのための墓地モンスターをハンドに戻しても如何ほどなものか。
悪くないカードだけど採用するか?と聞かれるとうーんと唸るカード。

これで暗黒界とカード名につくカードの紹介は大体終わりかな。
以下暗黒界と名前に付かなくて暗黒界に入りそうなの。

《手札抹殺》
手札捨てる効果と言ったらこれ。
魔轟の抹殺に近い物。
撃てれば強いんだけど後半引くと弱いっていうのが難点。
ハンドが魔法とか罠とかのときに撃ちたくないけど後半は暗黒界のモンスター結構消費してるからやっぱり後半は厳しい。
初手から3ターン目くらいまでには引きたいカード。
軍勢とかいれて撃つと面白いかもしれない。

《魔轟神レイヴン》
奈落に引っかからず手軽にハンドを切れるカード。
やっぱり手軽にハンドを切れるカードが少ないのでこのカードを採用したい所。被ると弱いのでピンがいい気がする。
やっぱりシンクロモンスター偉大だしこのデッキだとワイバーンやハイランダーも出るからそこのアクセントを大事にしたい気もする。
遊戯王シンクロモンスターズですねはい。

《メタモルポッド》
一気に手札交換できる。
ただしタイムラグがやや痛いのと読まれやすいってのが微妙。
まぁそれでもハンドにモンスター抱えたままこいつ伏せれるから普通のデッキよりかはバレ難い気がする。
でもこのカードにあまり召喚権を使いたくないのもある。
グラファビートがこのデッキの強みだから暗黒界を立たせなきゃならないから召喚権はそっちに使いたい。
それでも強いカードだから試してみてどうか決めたい。

《死霊騎士デスカリバー・ナイト》
門で22打点。さらに効果消せてこのデッキだと墓地でも仕事できる。
ピンで積んでみると光るカードな気がする。

《スキルドレイン》
場で効果使うモンスター少ないしグラファビートの兼ね合いもあって強い。
グラファ倒す方法はモンスター効果魔法効果罠効果の効果で倒すのが多いからモンスター効果消しとけば後は結構どうにかなる。
除外とかされない限り簡単に場に戻るし。
あとトリシュ凄い痛いからそういう点でも欲しいカード。
1~2枚で試してみて枚数調整したいと思います。

《魔のデッキ破壊ウィルス》《闇のデッキ破壊ウィルス》
ウィルスカード。サクリファイスエスケープ。
魔デッキはかなり撃ちやすいので1~2枚で。
闇デッキはバック把握できるのとスキドレとの兼ね合いも強い。
どっちもトラスタキツイ。奈落もあるし七つ採用もありなのかもしれない。


結構長い記事になってしまった。
まだまだ試したいカードあるけど今日はこの辺で。
シルバさんマジ腕シルバさん。
それでわ~\(`д´)ゝデュエッ!
関連記事






2011⁄06⁄24 19:50 カテゴリー:遊戯王コラム comment(3) trackback(0)
▲pagetop












コメント


管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/06/25 00:06 | [ 編集]


セルリがまさかのOCG化
これはカラレスも来るか!?

来ませんでした

しかし再販カードが地味にありがたいモノが多いのが嬉しいですね
(バトルフェーダーやウイルスとか)
2011/06/26 22:47URL | ムクロン[ 編集]


非公開の方>指摘感謝です。修正しときました。

ムクロンs>カラレスはきませんでしたねー。
確かに地味に嬉しいのもありますね。
2011/06/27 22:36URL | さてんが[ 編集]



コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |

Twitter


カレンダー(月別)


プロフィール

れぎおん

Author:れぎおん
茨城で遊戯王とMTGやってます。
何かありましたら以下のE-メールかコメントでお願いします。
renekomaikerukyona-310-yahoo.co.jp
-310-の所を@に変えてください。


最近の記事とコメント


今まで来てくれた人々


今見てくれている人々

現在の閲覧者数:

月別アーカイブ


カテゴリ


最近のトラックバック


RSSフィード


メールファーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク


▲pagetop



Copyright © 2017 遊戯王とアニメの猫戦記. All Rights Reserved.
template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。